総桐たんすについて
桐は家具に使われる木材のなかで最も軽く、また最も狂いの少ない材質とされています。
また木目の優雅な美しさに加えて、
 ・湿気を通しにくい
 ・虫がつきにくい
 ・熱を通しにくい
などの特徴から、古くから衣服や貴重品の保存・保管に最適な材料として貴重性と共に重用されてきました。

湿気の多い日本の気候の中では、桐は最良の箪笥の素材です。
大切なお着物の保管にぜひ呉服のいさじの「総桐たんす」をお誂え下さい。